女友達とセックスしやすいある大きな理由とは?

女友達というのは、普段の付き合いや
それまでの付き合いの経緯がある分、
セックスの関係にはなりづらいのではないかと思いがちです。

 

でも、実はそれは間違いなんですね。

むしろ合コンなどで知り合ってまだよく知らない関係よりも、
よっぽどセックスに持ち込みやすいんです。

 

大きな理由の一つは信頼感です。
警戒心と言ってもいいかもしれません。

女性がセックスしてもいいと思う男とは、
信頼できる相手であることです。

信頼できない相手とは女性はセックスしませんし、
警戒心がある相手とはセックスしません。

 

女性にとってセックスをするということは、
体全てを相手に委ねるということです。
完全無防備で無抵抗な状態なんです。

そんな状況に身を置くということは、
ある意味危険と隣り合わせなわけです。

それこそ男が暴走したら、女性ではどうにもできませんからね。

 

だから、信頼できない男とセックスすることは、
女性にとっては非常に怖いことなんですね。

女性がセックスするためには、
ある程度の信頼感が必要不可欠なんです。

 

見ず知らずの男性や、まだよく知らない男性というのは、
女性にとってまだまだ信頼感が足りません。
そういう男性とのセックスは怖いことなのです。

 

その点、友達というのは、ある程度の信頼感ができている相手です。
それは男と女としての関係とは違うかもしれませんが、
少なくとも危害を加えるという危険を感じない相手ではあります。

この点をクリアしていることって、とても大きいことなんですね。
女性とセックスする時に警戒心を解く、信頼を得るというのは
最も大きいハードルです。

 

ここを超えなければ話しにならないわけです。

そういう意味では、友達関係というのは、
セックスする条件がすでに整っていると言えるのです。

友達関係がちょっとしたきっかけで一気に体の関係に発展してしまうことがよくあるのも、
この信頼感がすでに出来上がっているという、セックスへの土台が整っているからなんですね。

ですから、実は女友達というのは、
セックスに一番近い相手だと言えるのです。

 

まぁ信頼感というと大袈裟な言葉に聞こえるかもしれません。
信頼と言っても、全幅の信頼というほど強力な信頼関係が必要というわけではありません。

女性にとっては、何をされるかわからない。
どういうことをしてくるかわからない。
いきなり豹変したりしないだろうか?
無茶なことをしないだろうか?

そういう恐怖を与える人でなければ大丈夫なわけです。

 

友達関係であれば、普段の付き合いから人となりはわかっていますよね。
そういう相手に対しては、このような恐怖を感じることはありません。

つまり、得体の知れない相手とセックスすること、
衣服を脱ぎ捨て全裸になって、男性の体を受け入れることは、
女性にとっては恐ろしいことなわけです。

 

考えてみれば当然ですよね。
やっぱりその点は、女性は弱い生き物ですから。

 

出会い系で失敗する人というのは、
この警戒心を解いたり、信頼を与えたりということに
失敗していることが多々あります。

まだセックスに対する受け入れ態勢が出来る前に、
鼻息荒く性欲ギラギラでいってしまっているわけです。

そりゃ怖いわけですよね。
男でも怖いです(笑)

 

友達関係であれば、特に何もしなくてもここをクリアできているのです。
だから、女友達とセックスするのは、男性が思っているよりも簡単なんです。

 

よろしければ投票お願いします!

>> アダルトブログランキングはこちらをクリック!
>> FC2エロブログランキングはこちらをクリック!