飲みニケーションは男女の体の交わりの手段です

日本には「飲みニケーション」という言葉があります。

簡単に言えば、
お酒を酌み交わすことを通じて、
他人との仲を深めることと言えばいいでしょうか。

飲みを通じてコミュニケーションを取ることですね。

 

最近ではその言葉自体を聞く機会は少なくなりましたが、
飲みニケーションという行為・手段自体は、
まだまだ日本社会には息づいています。

息づいているというより、完全に定着していますね。

それは社会人であるあなた自身、
身を持って実感しているのではないかと思います。

杯を交わすなんて言葉もありますが、
昔からある文化と言えるのかもしれませんね。

時には友人や同僚との楽しい飲みニケーションもありますし、
時には嫌々ながらもやらなければならない飲みニケーションもあります。

どちらにしても、お酒を飲むことを通じてコミュニケーションを取ることは、
日本人にとっては重要なことと言えると思います。

 

この時期に頻発する「忘年会」というやつも、
まさに飲みニケーションの一つです。

中には面倒と思う人も少なくないと思いますが、
恒例行事としては避けて通れないことだったりします。

 

この「飲みニケーション」というやつですが、
確かにその効果はあります。

お酒を飲むことで心のガードを外し、
心と心を交わせることで、お互いの仲を深めることができます。

 

何もこれは仕事や友人関係に限った話ではなく、
男女関係においても同様です。

比較的堅いガードがかかりそうな男女関係ですが、
お酒というツールを使うことで心のガードを緩めれば、
男女の仲を交わせることもできるのです。

 

それは心と心を交わせるだけではなく、
体を交わせることにも繋がります。

彼氏と彼女、夫婦間という恋愛関係を除けば、
男女の体の交わりは、常にその側にお酒の存在があるものです。

 

上司と部下との男女の交わり、
会社の同僚同士の男女の交わり、
女友達との男女の交わり、
新たに知り合った女性との男女の交わり。

大抵の場合、どこかにお酒という存在が絡んでいるものなのです。

 

でも、お酒自体に男女の交わりを促す力があるわけでもありません。
きっかけとしての効果はあるのですが、お酒だけで何かを
起こすことはできません。

 

大事なのは、お酒をどう使うかです。

お酒という道具の使い方によって、
ただ酔わせるだけのアルコールという物質になるか、
男女の絡みを生み出すツールになるかが変わります。

うまい男というのは、
このお酒の使い方が絶妙に上手いわけです。

 

お酒の持つ効果を最大限に利用して、
スムーズに体の関係にまで持っていきます。

男女の飲みの席に付き物の下ネタ一つとっても、
使い方一つで下品なスケベオヤジから、
抱かれたい男に変わることができるわけです。

 

例えば、不快感なく、女性をエッチトークに誘導することはできますか?

ただの下ネタ会話ではなく、女性の心を欲情させる
ムラムラさせることはできますか?

 

もし出来ないとしたら、
それはお酒の使い方をまだ知らないのだと思います。

逆に言えば、あなたの知らない方法があるということです。

飲みをセックスに結びつけるために、
知らずに損していたことがどれだけあったかに
驚くかもしれません。

 

大人になればなるほど、お酒を通じたコミュニケーション、
飲みニケーションの機会も増え、活躍する機会も増えてきます。

ただ量だけを浴びるように飲む学生のような馬鹿飲みではなく、
目的を達成するための戦略的な飲み。

そんな飲み方ができるかどうかで、
これからの女性関係が大きく変わってくると思います。

 

多分、あなたの知らないことがたくさんあると思います。
そして、知らなかったことで損をしていたこともたくさんあります。

その事実にガッカリするかもしれません。

しかしそれと同時に、これから女性と飲みに行くのが、
楽しみでワクワクしてくるかもしれません。

それくらい、仕組まれた技術があるのです。

お酒を飲める年齢の男性なら、必須の知識です。

→ その知識はこちらをクリック

よろしければ投票お願いします!

>> アダルトブログランキングはこちらをクリック!
>> FC2エロブログランキングはこちらをクリック!